気になる!太陽光パネルの費用対効果

ソーラーパネルは設置数に応じた出力が期待出来ます

住宅の屋根に設置するソーラーパネルは、総出力量が10kW以下になるので、余剰電力買い取り、総出力量が10kWを超えるメガソーラの場合は全量買い取りと言われています。
住宅の屋根の場合には、接数が限定されて来ますが、家の中で使わない電力は売電に回される事になります。
売電に回されるため、1日の電気代を節約出来るというメリットに繋がって来る、発電システムを導入すると節電意識が高くなる人が多いのです。
因みに、電化製品の電源ケーブルをコンセントに接続した状態だと、電化製品を使っていない時にも待機電流が流れるため、知らないうちに電気を使っているのと同じ状態になります。
発電システムを導入すると、使わない電源ケーブルを外すと言った意識が高くなる人が多いと言われています。

太陽光発電の発電量について

太陽光発電はソーラーパネルの設置数に応じて発電量が変わります。
導入前にはシミュレーションを行い、1年間の発電量を知る事が出来るので、年間の電気代がどのくらい安くなるのかを把握する事も出来ます。
但し、太陽光発電システムは一度導入すれば生涯そのまま利用出来るものではなく、故障する事もあり、ソーラーパネルを交換しなければならないケースも出て来ます。
さらに、定期的なメンテナンス費用が必要になる事も考慮しておくようにしましょう。
太陽光発電システムは、定期的にメンテナンスを行えば、長期間の利用が出来るようになる、故障を防止出来るようになります。
そのため、メンテナンスを含めた形で、シミュレーションを行い、上手に活用するのがお勧めです。